みのぶ観光案内 身延町身延山観光協会
Minobusan Tourist Assosiation.




TOP

みのぶ名物

みのぶ生ゆば

ゆばとは大豆を搾った汁(豆乳)を煮立て、その表面にできた被膜のこと。肉食を禁じられていた僧侶たちの貴重なたんぱく源として食され、精進料理の一つでもある。「みのぶゆば」は、日蓮聖人の体を気づかい、弟子たちが師の栄養源のために供したのが始まりといわれている。700年の歴史を有し、「伝統の味覚」として今に受け継がれています。

竹炭

町内に自生する竹を焼いて作った炭。町内の高齢者らが中心となって組織している「身延竹炭企業組合」が1995年(平成7年)に同町和田に土窯を造り生産を始めたもの。町の特産品として町内の商店街で販売され、竹炭で作った風鈴などもみやげ品として人気があります。

みのぶまんじゅう

さっぱりした甘味が人気で、古くから身延山久遠寺参拝の人々に親しまれている身延の名物です。皮に味噌が程よく入っている素朴な味覚です。栄昇堂、甘養亭、松屋などで求められます。是非一度、ご賞味ください。

ワイン/ 身延の旅・南天ワイン

南天はメギ科の常緑低木。6月ごろに白い花を咲かせ、秋から冬にかけて赤い実を付ける。身延は古くから南天の産地として知られ、現在では、この葉やクキを利用したのど飴やワインなどの加工品が町の特産品となっています。

しいたけ

自然豊かな身延の森で清澄な水と空気で育ったしいたけ。

甲州印伝

甲州印伝は、鹿革に漆で模様を付けたものが特徴で、この革を使って様々な製品を作っています。
日本の革工芸の歴史をたどる、奈良時代に遡ります。革を染める・模様を描くなど、いろいろ な技法が考案され、また外国より伝搬されてきました。甲州印伝の特徴の一つである鹿革は、体になじみ、強度を備えていることから武具にも盛んに使われており、戦国時代には、燻(ふすべ)や更紗(さらさ)技法を用いた鎧や兜が武将たちの勇士を飾ってきました。

日朝水

「目の神様」、「学業の神様」として親しまれている日朝上人が開いた覚林房日朝堂で販売されている目薬

数珠

身延山の門前町には、数珠やなどの仏具を扱うお店が数多くあります。

木鉦(もくしょう)

木鉦は、読経のときにたたく木製の具で、日蓮宗独自のものです。
身延町身延山観光協会  〒409-2524 山梨県南巨摩郡身延町三門前
TEL/FAX:0556-62-0502  E-MAIL:kankou@minobu.info
Copyright c 2004-2005 Minobu Tourist Association. All rights reserved.
このホームページの著作権は身延町身延山観光協会に帰属します。